YouTubeで観る公式映像10選「佐賀インターナショナルバルーンフェスタ」

更新日:2020年6月13日

ついに開幕した「2019佐賀インターナショナルバルーンフェスタ」

今年は40回記念大会。好天にも恵まれで例年にない盛り上がりをみせています。


そこで、佐賀バルーンフェスタをより深く知るためにYouTubeの映像をご紹介します。

全て公式チャンネルからの引用ですが、過去の貴重な映像も観られて、大会の様子がありありと伝わります。


佐賀インターナショナルバルーンフェスタ公式YouTubeチャンネル(外部リンク)


YouTubeがサービスを始めた当初からアップされていますので、その映像もかなりの数になっています。


そこで、見応えのある映像をピックアップしました。


観てると「現地に行きたくなる」映像を念頭に厳選しましたのでお時間のある時にどうぞ。



1、2005佐賀インターナショナルバルーンフェスタ 7分15秒

小気味のいいBGMで綴られた2005年のダイジェスト映像。キー・グラブレース、オープニングパレード、離陸前、ファンタジアなどフェスタの各シーンを力強い映像で紹介しています。



2、佐賀インターナショナルバルーンフェスタPR 10分38秒

過去の貴重な映像が盛り込まれた、PR映像。日本でフライトした熱気球初号機でもあるイカロス5号の貴重な映像も観られます。



3、2008年10月31日オフィシャルフライト 2分40秒

競技フライト一斉離陸前に飛ぶオフィシャルバルーンからの映像。眼下に見下ろす気球群は圧巻です。



4、2009佐賀インターナショナルバルーンフェスタ -キー・グラブレース- 3分46秒

大観衆の目の前で「鍵を取れるか」と奮闘するバルーニストの奮闘が心を熱くします。実況と歓声が織りなす臨場感をお楽しみください。



5、2011SIBF -11月2日早朝フライインハイスピード映像- 1分11秒

早送りで撮影された定点カメラに迫ってくる気球の大群。ゆっくりだけれど実はアクティブな気球の動きがよくわかります。



6、2016熱気球世界選手権誘致プロモーション映像 3分14秒

佐賀がいかに熱気球の街であるかよく伝わる映像です。街も人も気球に対して暖かい、そんな印象があります。