アイドルグループ鶯籠(とりかご)が気球の籠に乗ってYouTubeライブを行った2020年夏・Winbalの裏話


去る2020年8月29日早朝、アイドルグループ鶯籠(とりかご)のメンバー5人がウイニングバルーンクラブの熱気球体験に参加して頂きました。


組み立てか。搭乗、浮遊しての生歌ライブまで。普段は鳥のさえずりが聞こえるだけの渡良瀬遊水地にも、その日ばかりはシティポップカルチャーの眩い風が吹いていました。


そのライブ配信はYouTubeで配信されていますので、ご覧ください。

アイドル目線からの熱気球体験、これ、貴重です!




  • そもそもの始まり

ある日、ウイニングバルーンクラブに問い合わせが来ました。「7人か6人乗れる気球はないだろうか?」と。


熱気球は自動車のように人数定員で「飛べる?飛べない?」を判断するものではなく、あくまで総重量で飛べるか飛べないかを判断します。


簡単にいうと熱気球は


●機体が軽ければ軽いほど

●燃料の搭載量が少なければ少ないほど

●バルーンが大きければ大きいほど

●外気温が低ければ低いほど


たくさんの人数が乗ることができます。


パイロットを含めると8人の搭乗になりますので、なかなか難しい。


そこで、

搭乗者の体重を伺い→みなさんスリムだから大丈夫!

大きなバルーンを用意→winbalで一番大きく力持ちの「空の助」を用意

大きな籠を用意→師匠から拝借


8人が乗れる熱気球をカスタマイズしました。


  • 前日の天気予報は?そして乗りに来るのは誰?

前日に判断した天気はまずまず。なんとか熱気球体験が開催出来そうな風況になりました。


実は当日までアイドルグループ鶯籠(とりかご)が熱気球体験に来るというのはパイロットもクルーも誰も知らず。あまつさえ、「体重が軽いから、きっと御老人グループが乗りに来るんじゃないかなあ」という見当違